日本東京国際学院 日本語教師養成講座
(文化庁届出受理番号:H30011531023)

0120-912-948
無料従業体験予約    

日本東京国際学院 日本語教師養成講座

(文化庁届出受理番号:H30011531023)

コラム

泉校長の無料セミナー スタートしました

昨日より、泉校長の無料セミナーがスタートしました。
開講前の4月6日まで、毎週火曜日と金曜日午前10時~11時に実施しています。
日時やタイトルは、前回のコラムをご覧ください。

ここでは、セミナーの内容を少しだけ紹介します。
下の写真をご覧ください。

『1 動詞の活用タイプは3つ』いきなりこんなことを言われても意味が分からないという方がほとんどだと思います。もしくは、小学生のころに習った記憶はかすかにあるけど覚えてない…という方も多いでしょうか。ちょっと考えてみてください。
セミナーではこの答えはもちろん、教えるときの工夫やコツもお伝えします。ぜひご自身で確認してください。

当たり前に使っている日本語をかみ砕いて教えるために改めて理解する。日本語教師みんなが行う作業です。
どう教えたら、初めて習う留学生にとってわかりやすいか。興味を持ってもらえるか。ここが日本語教師の腕の見せどころです。自分が考えたり工夫したことで、学生が目を輝かせながら「わかった~」と言ってくれる瞬間は本当にやりがいがありますよ。このコラムを読んでくださっているみなさんにこの気持ちを味わっていただきたいです。

他にも、日本人にとっては当たり前だと思っている日本語の特徴をいくつか紹介します。
①母音が5つしかない。
②「ひらがな」「カタカナ」「漢字」と3種類の文字が使われている。
③文体が「書き言葉」「話し言葉」で異なる。

他にもたくさんありますが、ほとんどの方が当たり前と思っている、当たり前に使っている日本語の特徴です。ちなみに、英語の母音は12あります。そして、「ひらがな」「カタカナ」「漢字」は本当に留学生泣かせです。でも、それぞれに役割がありますから、すべて必要ですよね。
掘り下げていけばいくほど広がっていく日本語の世界…難しく考えずに楽しく学び楽しく教えてください。

現在行っているセミナーでそのきっかけを作り、4月からその仲間になっていただくための講座、研修を行っていきたいと思います。
このコラムをお読みの方がそうなってくださればうれしく思います。

ブックマークする
LINEで送る

資料請求・無料授業体験・ご相談窓口

資料請求・無料授業体験のお申込み・ご相談はメールフォーム、
またはお電話からお気軽にお寄せください。
(お電話は平日9:00~18:00まで)

0120-912-948

0120-912-948 資料請求・無料体験はこちらから